香川産香緑キーウィ「スイート16」10玉入化粧箱

¥ 3,874 税込

商品コード: mkw-1

関連カテゴリ

  1. 果物
  1. アソート

【販売時期】
1月下旬~2月下旬頃

【商品について】
“キウイ王国 香川県”の代表品種「香緑 (こうりょく) 」です。
香緑の中でも特秀よりも上級な「スイート16」の紹介です。
見た目は俵型で糖度18度にも達することがある高糖度が特徴。
こちらの「香緑」は、ギフトにも使われる特秀品よりも
さらに厳しい平均糖度15.5度以上の糖度基準をクリアした
「スイート16」という特別ランクです。
一般的なキウイの平均糖度は12~13度ですので
まさに桁違いの糖度です。
その甘さは国産マンゴーや桃をはるかに上回る衝撃的な甘さです。
さらに「香緑」は酸味も少ないため甘さを
より強く感じる事が出来ます。

食べた後に余韻として残る、爽やかな香りと旨みを併せ持ち、
キウイの美味しさが口の中ですっと優しく広がります。
また「香緑」は、ヘイワード種の約1.5倍の
たんぱく質分解酵素「アクチニジン」を含みます。
「アクチニジン」はお肉をやわらかく作用があるので
パイナップルのように肉料理と相性が良いのも特長の一つです。

【香緑の歴史】
香川県では1960年代にキウイ栽培が始まり、
当初は全国的に栽培されている「ヘイワード」という
品種を栽培していましたが1970年代から
新品種の育成が開始され香川県農業試験場府中分場で
「ヘイワード」同士を自然にかけあわせ
「香緑」が誕生、1987年に品種登録されました。

【香緑の名前の由来】
「香緑」という名は、香川県の自然豊かな
緑の美しさと、果肉の緑色を重ね合わせて名付けられました。
香川県のキウイの中でも代表的な品種なのです。

【キウイ王国・香川】
「香緑」の登場以降、香川県は続々とキウイの
オリジナル品種を発表し、1999年には「香緑」の
血を受け継ぐ「讃緑(さんりょく)」が登場し、
以降も2005年に「さぬきゴールド」、
2013年には「さぬきエンジェルスイート」が
品種登録され国内のキウイ産地のかなでも
独自の品種を数多く持つキウイの一大産地として
知られています。

【香緑の保存方法】
かたくて未熟な場合は常温で追熟させる必要があります。
乾燥を防ぐためポリ袋に入れて(密封はしません)、
20度前後の部屋に置いておきます。
その際、りんごと一緒に袋に入れると早くやわらかくなります。
指で軽く押して弾力を感じれば食べ頃です。
熟したキウイフルーツは冷蔵庫で2~3時間冷やすと
よりおいしくお召し上がりいただけます。

なお完熟の香緑は果肉がエメラルドグリーンをしていますが、
食べ頃を過ぎると果肉が変色するので注意が必要です。

消費期限 追熟後約3日

【内容】
香川産香緑キーウィ「スイート16」10玉入化粧箱
1玉あたり 140g前後
サイズは選べません
掲載画像は香川産香緑キーウィ「スイート16」10玉入化粧箱です。
こちらの商品は掲載画像のお箱でのお届けとなります。
箱サイズ 縦32㎝ 横22㎝ 高さ6㎝


【サイズについて】
発送時期や仕入状況によりサイズが若干異なる場合がございます。
サイズ、玉数を詳しくお知りになりたいお客様はメールまたは、
お電話にてお気軽にお問い合わせください。

【送料について】
送料別(クール便)